ハウスカードは自社のみ利用可能なクレジットカードです

自社及び自社系列でのみ利用可能なクレジットカードについて

a1180_010286

一般的にクレジットカード審査では、銀行系や信販系よりもクレジットカードのブランド(VisaやMasterなど)が企業と提携して発行している提携カードや消費者金融系、流通系のクレジットカードが取得しやすい傾向があります。

※系統別クレジットカード系統別クレジットカード会社の審査状況はどんな感じですか?

 

ただ、これらのクレジットカードは、カードが使える店舗やサービスが多い=顧客数が多くなればなるほど支払い延滞のリスクも増えてきます。もっとも、今の日本を含めた世界ではクレジットカード社会になっていますので、支払いリスクがある事は仕方ありません。

しかし、世の中には利用出来る店舗やサービスを限定、というか自社及び自社系列でしかクレジットカードの利用が出来ないという、ある意味限定的なカードが存在するのです。

 

スポンサーリンク


審査におけるハウスカードとは?

先程も説明しましたが、原則自社及び自社系列でしか使えないクレジットカードの事をクレジットカード業界ではハウスカードと呼んでいます。ハウス=家という意味ですから、自社や自社系列でしか利用する事が出来ないクレジットカードをハウスカードと呼ぶ事には納得出来ますよね?

そして、このハウスカードは、基本的に自社及び自社系列での利用に限定されていますので、通常のクレジットカードと比べて支払い延滞リスクが軽減されます。

 

例えば、国内自動車メーカー大手の日産自動車系列の日産ファイナンスが発行している日産カード(ハウスカード)ですが、日産各販売会社と日産レンタカー、一部のガソリンスタンドやJAFロードサービスなど、カードが利用出来る店舗やサービスがかなり限定されています。

また、国内ガソリンスタンドチェーンのコスモ石油の系列会社が発行しているコスモ・ザ・カード・ハウスは、全国のコスモ石油のガソリンスタンドでの利用に限定されています。

このように、ハウスカードは利用出来る範囲を限定する事によってリスクを軽減させる事が出来ますので、結果として通常のクレジットカードよりも取得しやすい傾向があるのです。

 

ハウスカードでもクレジットヒストリーが付きます

ただ、いくら取得しやすい傾向のハウスカードとは言っても、カードの利用履歴=クレジットヒストリーが登録されない事には、クレジットカード審査に通らない方にとってはメリットありませんよね?

※クレジットヒストリークレジットヒストリーはクレジットカード審査に影響しますか?

でも、安心して下さい履いてますよではありませんが、このハウスカードの利用履歴はしっかりと信用情報に登録されるのです。そして、信用情報に延滞履歴の無いクレジットヒストリーが登録されていれば、次のステップアップとして通常のクレジットカード審査に申し込む事が可能です。

 

ちなみに、クレヒスを積み重ねたいという方は、こちらのクレジットカードであれば過去にクレヒスが無い方でも審査可決実績がありますので、クレヒスを積み重ねるにはうってつけだと思います。

クレジットカード審査では、信用情報にしっかりとしたクレジットヒストリーが登録されていれば、その分審査に有利になりますのでクレジットカード審査に不安のある方でも審査に通る可能性が出てきます。

 

ですので、通常のクレジットカード審査に通らないという方は、一度ハウスカード審査に申し込んでみて下さい。ハウスカード審査に通れば、利用出来る店舗やサービスは限定されますがクレジットヒストリーが登録されますので、今後のクレジットカード審査にも有利に働く可能性が高くなりますよ。

 

スポンサーリンク





 

サブコンテンツ

このページの先頭へ