勤務年数が短い場合に取るべき対策とは?

基本的にクレジットカード審査では勤務年数が短いと不利になります

a1640_000068

クレジットカード審査では、申込者が今後カード利用代金の継続的な支払いが可能かどうかを重視しますので、申込者の勤務年数は非常に重要になります。

それは、勤務年数が長い=同じ勤務先に長期間勤務する事が可能になり、今後も会社から継続的な収入が見込めるためであり、また勤務年数が短ければ今後転職の可能性があるため継続的な収入が見込めないからです。

もっとも、勤務年数が短い方は勤務先の環境にもよるかも知れませんが、基本的に我慢強さが足りないという事になりますので、今後はもちろん以前から転職を繰り返している可能性もあるんですよね。

 

ただ、いろいろな事情で転職を余儀なくされたという方もいるかと思いますので、今回の記事ではクレジットカード審査で勤務年数が短い場合に取る対策について説明しますね。

 

スポンサーリンク


クレジットカード審査で転職直後に取るべき対策について

転職直後の場合、クレジットカード申込書の勤務年数には1ヶ月や2ヶ月など、そのまま短い勤務年数を記入する方がいますが、これはNGです。

たとえ実際の勤務年数が1ヶ月や2ヶ月であっても、申込書にそのまま1ヶ月や2ヶ月と記入してしまっては、正直者はバカを見るではありませんが、この時点でクレジットカード審査に落ちる可能性が非常に高くなってしまいます。

 

ちなみに、店頭でショッピングローンの受付をしている従業員は、勤務年数が1ヶ月や2ヶ月の方には勤務年数1年と記入しても問題ありませんよと教えてくれたりします。(実体験による)

何故なら、ショッピングローンやクレジットカードの受付をしている従業員は、あまりに勤務年数が少ない=審査に通らないこと、なおかつクレジットカードや各種ローン会社では、基本的に勤務年数の裏づけを取ることが出来ないことを知っているからです。

 

確かに、最初からショッピングローン審査に通らないような方では、申込をするだけ無駄になってしまいますので、こういった裏技(?)を教えてくれるのかも知れませんね。ですので、転職直後で勤務年数が1ヶ月や2ヶ月の方は、勤務年数1年と記入しても問題ありません。

それから、新卒の新入社員の方であれば、勤務年数が1ヶ月や2ヶ月であったとしても、クレジットカード申込書の勤務年数にはそのまま記入しても問題ありません。それは、新卒の場合、クレジットカード会社では勤務年数が短くて当たり前と考えているからです。

 

勤務年数の虚偽はバレる可能性もあります

クレジットカードを1枚以上作っている方であれば、個人信用情報機関の信用情報に以前の勤務先情報が登録されています。 また、信用情報だけではなくクレジットカードを作った会社にも自社データとして勤務先情報が登録されています。

ちなみに、この時の勤務先をA社として、A社に勤務していた平成25年1月にクレジットカードの利用記録が登録されていたとします。その後、B社に転職して平成25年6月に別のクレジットカードに申し込んだとします。

この時、B社の勤務年数を1年と記入した場合、実際の最長勤務年数は6月-1月=5ヶ月になるため、クレジットカード会社には勤務年数の虚偽が1発でバレてしまうのです。

 

ですので、勤務年数を調整する場合には、以前の勤務先でクレジットカードや各種ローンを利用した日時を正確に把握しておく必要があります。

 

スポンサーリンク





Warning: ksort() expects parameter 1 to be array, object given in /home/xsvx1014079/xn--u9jtgla0b3c4ai9yift296bwgaz77kru6c.com/public_html/wp-content/plugins/yet-another-related-posts-plugin/classes/YARPP_Cache.php on line 462

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ