審査では申込書に無職と記入した時点でアウトです

クレジットカード申込書に無職と記入してはいけません

a1640_000402

世の中にはいろいろな職種があり、それぞれで毎月給料をもらいながら働いている方がいますよね?国や地方公共団体(地方自治体)から雇われている公務員や企業に勤めている会社員、個人で商売を営む自営業、さらにはパートやアルバイトなどなど。

これらの職種であれば、毎月給料をもらっており、クレジットカード審査の際に最も重要になってくる今後の支払いにも対応可能なため、職種に関してはクレジットカード審査では問題にはなりません。(自営業やパートやアルバイトでも申し込めるカードがあります)

 

しかし、普段から働いていない無職の方は、毎月安定した収入がありませんよね?(不動産収入や年金暮らしの方は別です)毎月の収入が無い無職の方はクレジットカード審査で落ちる可能性が高いように思われますが、実際のところはどんな感じなのでしょうか?

 

スポンサーリンク


クレジットカード審査で無職は致命的です

これはもう、説明の余地はありませんよね?だって、無職=収入がないとなるため、クレジットカード会社が与信枠を与えてもカード利用代金を支払ってくれる保障はどこにも無く、さらに言えば支払いが遅れる=延滞する可能性が高くなります。

そもそも、審査の申込条件には継続して安定した収入がある方という条件があるため、安定した収入がない無職の方では申込条件すら満たしていません。ですので、カード会社が申込書の職業欄で無職という文字を発見したら、その時点で審査が終了する可能性が非常に高いです。

 

無職ではクレジットカードを持つことが出来ないのでしょうか?

これについては、 本当に無職=収入がない方は、クレジットカードを持つことは難しいと言わざるを得ません。というか、仮にそんな状態でカードが持てたとしても、カード利用代金を払えずカードの利用停止に陥る可能性が高いのですから。ただ、無職でも他に収入があるのであれば、カードを持つことは不可能ではありません。

例えば、無職でも毎月家賃収入を得ていたり、株やFXで収入を得たりしている方であれば納税をする義務が発生しますので、職業欄に自営業と記入すれば問題ありません。だって、家賃収入や株、FXで生計を営んでいることは、立派な自営業になるからです。

以下大辞林 第三版からの引用

じえい【自営】

( 名 ) スル

自己の力で経営すること。また,自立して生計を営むこと。

 

ちなみに、私の知人は株で生計を立てていたので、カード申込書に自営業と書けば問題ないと教えたところ無事カードが発行されました。ですので、家賃収入や株、FX以外でもその収入で生計を立てているのであれば、申込書の職業欄には無職ではなく自営業と記入したほうが良いです。

 

無職でも派遣社員に登録すればクレジットカードが持てると聞いたのですが?

昔であれば、派遣社員は仕事が不安定で信用がなかったため、クレジットカード審査ではなかなか厳しい状況が続いていました。ただ、現在では雇用形態も多種多様化しており派遣での需要も多いため、カード会社でも派遣社員の審査基準を緩和して審査対応していますので、派遣社員でもカードを持つことは十分可能です。

また、派遣社員に登録することも簡単に出来てしまうため、無職の方の抜け道になっているようですね。

 

しかし、派遣社員で毎月一定の給料をもらっている方はともかく、いくらカード欲しさで派遣社員に登録しても、毎月一定の給料をもらっていない方はカード審査に申し込むべきではありません。

それは、先ほども書きましたが、収入が無ければカード利用代金を払えず、今後カードの利用停止に陥る可能性が非常に高いからです。また、カード利用停止になると、その情報が個人信用情報機関の信用情報に登録されるため、今後のカード審査に影響を与えますので注意が必要になりますよ。

 

クレジットカード審査と預金との関係について

クレジットカード審査と預金の関係

ここまで、クレジットカード審査では無職の方は申込条件すら満たしていないため、審査に通る事はほぼ不可能だと説明してきました。ただ、現在の世の中ではクレジットカードがあれば非常に便利なため、無職の方でもクレジットカードを持ちたいと思っているようです。

そして、無職でもある程度の預金があれば、それをカード利用代金の支払いに充てることが出来るので、クレジットカード審査には有利に働くのではないか?と思う方もいるようです。もっとも、毎月の利用代金の支払いに回せる預金があれば延滞の可能性も低いような気がしますのでそういった考えも理解する事が出来ます。

ただ、大抵のクレジットカード審査への申込条件に、安定した収入とある以上、無職=収入が無いため例え預金があったとしても関係が無いような気がしますが、実際のところはどうなのか?について説明します。

 

審査で預金はこのように判断されています

クレジットカード審査においては、クレジットカード会社ではカード申込者の預金をチェックすることはありません。というか、そんな事は出来ないのです。

これは、個人情報保護法が制定されて以来、個人の住所や氏名、電話番号など個人を特定するための情報を調べるためには、本人の同意が必要になったためです。つまり、カード会社が申込者の預金残高を調べるためには、本人の同意が必要なのです。

また、審査では、使えばなくなる預金よりも、申込条件にあるように今後継続的に入ってくる収入のほうが重要になりますので、たとえ預金があろうがなかろうが、それは重要なことではないのです。

そのため、無職の方がクレジットカードを持つためには、先程も少し説明しましたが家賃収入を得たり、株やFXなどの投資で収入を得る、さらにはオークション利用により収入を得るなど、何かしらの収入源を確保する必要があります。

 

スポンサーリンク





Warning: ksort() expects parameter 1 to be array, object given in /home/xsvx1014079/xn--u9jtgla0b3c4ai9yift296bwgaz77kru6c.com/public_html/wp-content/plugins/yet-another-related-posts-plugin/classes/YARPP_Cache.php on line 462

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ