クレジットカード審査における「年収」記入のコツとは?

クレジットカード審査での年収の書き方について

a0002_003051

クレジットカード審査では、クレジットカード申込書に自分の属性情報を記入しますが、その中に年収という項目が必ず含まれています。まあ、審査申込者の年収が分からないと申込者の現在の収入が分かりませんので、この年収の申告は必須となっています。

クレジットカード会社では、申込者が今後カード利用代金を支払ってくれる可能性があるのかどうかを重要視していますので、現在の申込者の収入がどれくらいあるのかはかなり重要になってくるのです。

その理由としては、申込者の年収が少なければ今後カードを発行したとしても、その利用代金の返済が遅れてしまう可能性があるためです。そのため、審査における年収の重要性はかなり高いものとなっています。

 

ただ、一言で年収と言っても、「税込みの給与総額を書けばいいのか?税引き後の手取総額を書けばいいのか?」「ボーナスは含めるのか?」さらに言えばボーナスも含めるのか?などいろいろな疑問が出てくると思います。

そこで、ここではクレジットカード申込みの際に記載するべき年収がどの年収なのか、正しく申請しなかった場合、どのような影響が出るのかを解説します。

 

スポンサーリンク


クレジットカード審査の「年収」について

クレジットカードを申し込むにあたって、多くの人が不安に思うのが「自分の年収で審査に通るのだろうか?」ということではないでしょうか。

審査の判断基準は、クレジットカード会社の内規によるところが大きいので、「これだけ年収があれば確実」と決めるのは難しいです。

一方で、「これだけの年収では審査に通らない」ということもないのです。以下で詳しく見ていきましょう。

年収は手取総額?それとも支給総額?

クレジットカード審査では、手取総額ではなく、各種手当を含めた税込みの給与総額を記入して問題ありません。ボーナスがあればボーナスも含めた税込み年収になります。

給与所得者には、会社員だけでなく、パートやアルバイトの学生や主婦、フリーターも含みます。

また、クレジットカード審査における年収は1年間のものとなっていますので、勤続年数が1年未満の方はこの1年間でもらえる見込み年収を申告して問題ありません。

年収は自己申告でOKだが虚偽はNG

クレジットカードの審査申込みの時に必ず入力を求められる年収。実は、この年収は自己申告制となっており、収入証明などは必要ありません。

クレジットカードの審査は、平成22年に施行された「割賦販売法」をベースに行われています。割賦販売法では、「支払見込額」という金額を計算してクレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠の合計を決定することになっています。

この支払見込額を算出するために年収が必要なのですが、割賦販売法では年収は申告をするだけで収入証明の提示を求めていません。

しかし、自己申告といってもクレジットカード会社は、年齢と職業などから大体の平均年収を把握しているので、現実とかけ離れた数字を申告すると源泉徴収票の提出を求められる可能性があります。

カード会社が見るのは年収よりも職種・勤続年数

申込者の年収は自己申告制で、その金額の裏付けを取ることは難しいため、カード会社は年収の項目をそれほど重要視してはいません。とはいえ、カード会社が全く年収を予測することが出来ないわけではありません。

例えば、「大手商社に10年正社員として勤務している人は、年収1000万を超えているだろう」「コンビニの収入が主なフリーターなのに年収が500万あるのはおかしい」など、クレジットカード会社は年収の自己申告値だけではなく、職種と勤続年数も重要視しているためです。

 

クレジットカードの種類と年収目安

「年会費無料カード」「ゴールドカード」や「プラチナカード」など、クレジットカードには様々な種類がありますが、どのカードがどの程度の年収があれば審査に通るのでしょうか?

クレジットカードの審査に通りやすいと言われている年収は、「年会費無料カード(普通カード)」は200万円、「ゴールドカード」は500万円、「プラチナカード」は1000万円です。どのクレジットカード会社も正確な年収を公表していませんが、このくらいの年収が基準になっていると言われています。

もりえおん、カード会社によって基準は異なりますので、これまでのクレジットカード利用履歴が良い人はこの年収以下でも審査を通過することもあります。

年収100万でもクレジットカード審査が通る理由とは?

アルバイト・パートの主婦の方や学生は、収入が少ないか全く無い場合もありますが、同居している家族の収入も合わせて審査されます。主婦の場合は配偶者、学生の場合は同居の両親など、世帯全体の収入を世帯収入として、クレジットカードに申し込むことが可能です。

また、年収100万円など上述した年収目安より年収が低めの方であっても、「年会費が無料・または安い」クレジットカードを選ぶことで、クレジットカードを発行できる可能性は高まります。

特に、年会費やポイント還元率などが優遇されている学生向けクレジットカードや、スーパーマーケットと提携している「流通系」のクレジットカードは主婦を歓迎しているものも多いので、年収が低い方であっても審査に通りやすくなっています。

まとめ

クレジットカード審査で必ず記入する年収ですが、自己申告制であり、収入証明などは求められないため、審査ではそこまで重要視されるものではありません。

ただ、職種や勤続年数からある程度の年収を予測するので、現実味のない年収を記入すれば源泉徴収などの証明物の提出を求められます。

このようにクレジットカードの審査では、職種や勤続年数、世帯全体での収入などで審査をするため、アルバイトやパートで年収が低い、あるいは無いという主婦の方や学生もクレジットカードの申込みをすることが可能です。

 

こちらでは最短即日審査のクレジットカードの中でも、過去に年収100万円程度のパート主婦の方でも審査に通った実績があるクレジットカードを紹介しています。興味がある方は是非ご覧になってみてください。





 

サブコンテンツ

このページの先頭へ