審査に落ちたら申込は控えて下さい

クレジットカード審査に落ちるとショックですよね?

a0002_010339

クレジットカード審査に落ちる・・・

これは、クレジットカードが欲しい方にとってはかなり残酷な結果と言えます。何故なら、審査に申し込む方というのは事前に自分のライフスタイルや思惑に合ったクレジットカードをリサーチしておいて、準備万端でカード審査に申し込む場合が多いからです。

そのため、事前に準備を万端にしても審査に落ちるという結果はなかなか受け入れる事が出来ないのではないでしょうか。落ちるとともに今までのリサーチが全て水の泡になってしまう可能性が高くなりますので、その落胆度合いはかなり高いものになってしまうと思われます。

 

もっとも、クレジットカード審査ではその結果を100%当てることは不可能=審査に絶対はありませんので、どのような方でも審査に落ちることは十分ありえます。

しかし、審査に落ちたからと言って、ぐに別のクレジットカードに申し込むことはあまり得策とは言えません。それにはとある理由があるためですが、その理由について今回の記事で説明します。

 

スポンサーリンク


審査に落ちた場合の信用情報はこうなります

クレジットカード審査では、クレジットカード会社が申込者の信用情報をチェックした時点で、個人信用情報機関の信用情報へ申込情報として登録されます。その後、めでたくクレジットカード審査に通ると、成約情報として信用情報に登録される事になります。

そして、この信用情報に申込と成約という、2つの情報が登録されている状態を見れば、各カード会社ではこの顧客(申込者)はこのクレジットカード審査に通過した事がすぐに分かります。

 

しかし、クレジットカード審査に落ちた場合には、その後信用情報には何も登録されずに申込情報のみが登録されていることになります。信用情報に申込情報だけが登録されていて成約情報が登録されていないと、別のクレジットカード会社ではこの申込者が審査に落ちた事がすぐに分かってしまうのです。

すると、基本的にカード会社では別の審査に落ちた申込者を積極的に審査に通す=積極的にクレジットカードを発行しようとは思わないのです。その理由は、審査に落ちたという事はこの申込者に何らかのネガティブな問題があった可能性が高いと判断されてしまうからです。

 

その結果、右にならえではありませんが、同業他社が行った審査に落ちた申込者を自社の審査で簡単に通す訳にはいかなくなる=審査落ちする可能性が高くなってしまうのです。

つまり、信用情報にクレジットカードの申込情報しか登録されていない期間は、新たにクレジットカードに申し込んでも審査で落ちる可能性が高くなるため注意が必要です。

 

審査に落ちたらどうすれば良いのでしょうか?

クレジットカードの申込情報は、 信用情報の登録情報と登録期間の詳細はこちらでも説明していますが、個人信用情報機関の加盟会員が照会した日、もしくはクレジットカード申込日より6ヶ月間登録されています。という事は、申込情報は6ヶ月で消えますので、クレジットカード審査に落ちたら6ヶ月間はおとなしくしておいた方が良いです。

そして、審査に落ちてから申込情報が削除される6ヶ月が過ぎてから再度カード審査に申し込んでくださいね。ただ、ここで注意点があります。それは、審査で落ちたカード会社が発行しているものとは別のクレジットカードに申し込むという事です。

 

この理由としては、個人信用情報機関の申込情報の登録期間は6ヶ月間ですが、個々のクレジットカード会社における自社データベースの登録期間は個人信用情報機関の制約を受けないので、それ以上の期間登録されている可能性が高いためです。

その結果、信用情報から申込情報が削除された後に再度同じカード審査に申込を行ったとしても落ちる可能性が高くなってしまいます。ですので、信用情報の申込情報が消えたら、審査に落ちた会社とは別のクレジットカード審査に申し込むようにして下さい。

 

スポンサーリンク





 

サブコンテンツ

このページの先頭へ