クレジットカードとは?仕組み・取引の流れ

日常のあらゆる買い物の場面で使えるクレジットカード。クレジットカードは、商品を購入する際の後払い決済をする方法の一つです。普段、何気なく使っているクレジットカードですが、その仕組みや取引がどのようになっているか、ご存知ですか?

「仕組みは分からなけど、便利だから使っている」「借金をするようで使いたくない」という方も多いはずです。しかし、その仕組みや取引の流れを正しく理解すれば、今までよりもさらにお得に利用できたり、安全に利用することができます。

ここでは、今さら聞けない、クレジットカードの仕組みや取引の流れなど、クレジットカードの基本について説明します。

クレジットカードとは?

クレジットカードのクレジットとは「信用」のことです。クレジットカードとは、カード保有者の信用によって、後払いで商品購入などの後払い決済ができるカードのことです。「あなたには信用があるので、後払いでOKです」という証明になりますので、お財布の中に現金がなくても、商品を購入することができます。

商品の購入だけではなく、電気代やガス代などの公共料金や税金の支払いなど、幅広く利用することができます。様々な支払いの場面で利用できる便利なカードですが、利用者の信用に基づいて発行されるため、カードの発行については事前に審査が必要になります。

クレジットカードの仕組み・取引の流れ

クレジットカードの買い物における仕組みをご存知ですか?ここでは、クレジットカードの仕組みと流れを紹介します。

クレジットカードは、利用できる加盟店で、商品購入時にクレジットカードを提示すると、一旦、クレジット会社が加盟店への支払いを肩代わりし、後でクレジット会社がカード利用者へ代金を請求する仕組みです。クレジットカードの利用にあたってはクレジットカード発行会社へ信用照会が行われ、ここで承認が降りない場合は、クレジットカードを使用することはできません。

利用者とカード加盟会社(お店)

利用者は、カード加盟店で商品購入時にクレジットカードを提示し、商品を購入します。商品購入時には支払いは発生しませんが、後からカード会社に利用分の金額を支払います。

クレジットカードは、一括払いまたは2回払いまでなら、手数料はかかりません。「分割払い」や「ボーナス一括払い」、「リボ払い」などの支払い方も利用者は選ぶことができます。

「クレジットカード発行会社からの支払いがある」という信用のもとに、カード加盟店は利用者にクレジットカードでの支払いが可能になっています。

利用者とカード会社

利用者がクレジットカードを利用するには、クレジットカード発行会社の信用照会が必要です。

期限が切れていたり、限度額を超えていたり、支払いが遅れていたりしていると、クレジットカード会社からの信用照会で承認は降りません。利用者が信頼に値するかどうかの審査があるということです。

審査に通れば、クレジットカード発行会社は利用者にクレジットカードを発行します。そして、利用者はクレジットカードを使って便利に買い物ができるようになります。

カード会社とカード加盟会社(お店)

カード加盟店は利用者の利用代金を、クレジット会社から支払いを受けます。

この時に受け取った金額の一部から、カード利用に伴う所定の手数料をカード会社に支払い、これがカード会社の利益となります。カード加盟店はカード利用ができることにより、集客アップができ、商品・サービス代金の伝票をカード会社に回すだけなので業務効率もあがります。カード会社は、カード利用に伴う所定の手数料をカード加盟店から受け取ることで、利益を得ています。

まとめ

日常、何気なく使っているクレジットカード。それは「信用」が前提となるカードです。

「信用」が前提のアイテムですので、利用には入会審査や本人確認が必要となります。また、クレジットカードを発行するカード会社もしっかりとお金の管理をしているからこそ、カード加盟店もクレジットカードでの支払いを可能にしてくれているのです。

その仕組みや取引の流れを正しく理解し、自分にあった利用をすれば、とても便利なアイテムですし、自分がクレジットカードを持つべきかどうか、しっかりと判断することもできます。





 

サブコンテンツ

このページの先頭へ