クレジットカードを上手に活用するためにクレジットカード限度額を学ぼう!

クレジットカードを利用している人の中には、限度額があることは理解していても実際に意識までしてクレジットカードを利用しているという方は少ないのではないでしょうか?

クレジットカードは利用限度額を超えてしまうと、支払いができなくなってしまいます。いざという時に、便利なクレジットカードが使えないということがないように、ここではクレジットカードの限度額を学び、その上手な活用方法をご紹介していきます。

クレジットカードの限度額とは?

限度額とは、そのクレジットカードで支払うことができる上限の金額のことです。クレジットカード会社によっては、「利用限度枠」や「ショッピング枠」と呼ぶこともあります。

クレジットカードを申し込み審査に通ると、クレジットカードと一緒に限度額が記載された台紙が届きます。この限度額は、利用者の雇用形態、年収、年齢、家族構成、住宅ローンの有無などの情報をもとに、クレジットカード会社が判断して決定します。もしこの台紙を紛失してしまった場合でも、クレジットカード会社それぞれの会員サイトで確認することができます。

クレジットカード限度額の目安

クレジットカードの限度額の目安は年収別に決まっていますが、自分でもある程度の範囲で設定することも可能です。

年収が100万円程度であれば限度額は10万円〜50万円、年収が100万〜200万円であれば限度額は20万円〜100万円、年収が200万〜300万円であれば30万円〜150万円あたりが目安で、最大でも限度額は年収の半分以下に設定することがおすすめです。

また、限度額を最大に設定したからといってその金額を利用しなくてはいけないということではありませんので、少し余裕をもって設定しておくと良いでしょう。

1.支払可能見込額から考える限度額目安

支払可能見込額とは、利用者の年収から生活を維持するために必要な出費や債務などを除き、利用者が無理なくクレジットカード代金として1年間支払うことができる金額のことです。クレジットカードを作る際の審査では、この支払可能見込額を算定することが割賦販売法によって義務付けられており、支払可能見込額を超えるクレジットカード契約は原則的にできません。

支払可能見込額は「年収ー年間の生活維持費ークレジット債務」によって算出できます。生活維持費は、法律により機械的に決められており、世帯人数、住宅所有の有無、居住地によって決まります。クレジット債務は、クレジットカード会社に支払う年間予定額のことで、リボ払いや分割払いの合計額のことを指し、1回払いは含まれません。

また、クレジットカード会社は支払可能見込額以外にも、第三者機関である「指定信用情報機関」を利用して申込者の他社におけるクレジットカード債務を確認することも法律で義務付けられています。

2.クレジットカードのランクから考える限度額目安

クレジットカードのランクによっても利用限度額は違います。

年会費無料の誰でもが持てるクレジットカードや一般カードは、最初の利用限度額は10万円〜50万円に設定されています。ゴールドカードやプラチナカードは、最初から100万円の利用限度額が設定されており、さらにその上のブラックカードでは、1000万円以上のの利用限度額が設定されているということもあります。

クレジットカードは、使い込んでいけば利用限度額は増えていく傾向にあります。

クレジットカード限度額の引き上げ方

クレジットカードの限度額が足りなくなって困ったときには、利用限度額は引き上げることが可能です。公共料金など毎月の固定費をクレジットカード決済にしている場合などは、限度額オーバーで公共料金の引き落としができないという事態を防ぐためにも限度額は高いに越したことはありません。このように継続的に限度額を上げたい場合や一時的に限度額を上げたい場合など、目的に応じて利用限度額を上げることができます。

以下では利用限度額を上げる方法についてご紹介します。

1.カード会社に継続的な増枠を申し込む

利用限度額を上げる一番スタンダードな方法は、クレジットカード会社に増額を直接申し込むことです。申込者は新規カード入会から半年後を目安に増額を申し込むことができます。

増額申請の、クレジットカード会社に電話かオンラインで増額申請を行うだけで増枠可能かどうか審査され、その後に審査結果が届くという流れになっています。この審査に通れば、新たな限度枠でクレジットカードを利用できます。

クレジットカードの利用実績が浅い方や雇用形態が不安定な方、他のクレジットカードや消費者金融会社への返済履歴が悪い方などは、増額申請の審査に落ちてしまうことやクレジットカードを解約されてしまうこともありますので注意が必要です。

2.カード会社に一時的な増枠を申し込む

利用限度額は一時的に増額するということも可能です。例えば、海外旅行に行く、冠婚葬祭の支払い、引っ越しなどで増額が必要な場合は、信用力が低くても増額に応じてくれることが多いです。

審査も早ければ30分~1時間で結果が出ます。しかし、上記で説明した雇用形態が不安定、他のクレジットカードや消費者金融会社への返済履歴が悪い方などは、一時的な増額でも応じてもらえない可能性が高いので、避けたほうが無難です。

3.ゴールドカードにアップグレードする

他のクレジットカードや消費者金融会社への返済を遅延したことがない、もしくは収入も安定しているという方はゴールドカードにアップグレードすることができます。

ゴールドカードは利用限度額が100万円〜300万円と他のランクのクレジットカードと比較して高額です。JCBの一般カードを利用している方ならJCBゴールドカードへ、楽天カード利用者なら楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードなど、ひとつ上のランクのクレジットカードへ切り替えることができるので、ゴールドカードへのアップグレードを考えている方はご自身の会員サイトで確認してみると良いでしょう。

4.新しいクレジットカードを作成する

「増額申請をして、万が一、審査で強制解約されてしまったら困る」という方は、他のクレジットカード会社で新規のカードを作成するのがおすすめです。年会費無料でも利用限度額30万円〜50万円のクレジットカードが発行できるので、今利用しているクレジットカードを増額しなくても、新規でクレジットカードを作成することで、利用限度額を増やすことができます。

新しく作成するカードの選び方のポイントとしては、信用力に不安がある方は「年会費無料カード」、他社のカード債務などにまったく問題がないという方は「ゴールドカード」から選ぶのがおすすめです。この方法なら、増枠審査で保有しているカードが強制解約される可能性がないので安心です。

まとめ

クレジットカードの利用限度額は入会時の審査で決まりますが、その後からでも増額することが可能です。日頃からきちんとクレジットカードを使い、期日までに支払を済ませれば、信用力が上がり自然と利用限度額は上がっていきます。

しかし、冠婚葬祭など急にまとまったお金が必要になったり、生活費をクレジットカードで支払うため、限度額が足りなくなっては困るなど、色々な理由によって増額が必要になる場面も出てくると思います。そうした場合には、継続的な増額や一時的な増額など状況に応じた申請ができるので、自分の状況に応じて増額申請にチャレンジしてみましょう。

また、増額申請をする以外にも利用限度額が高いクレジットカードを作成するなどの方法もありますので、必要に応じて検討するのもおすすめです。





 

サブコンテンツ

このページの先頭へ