クレジットカードのプロパーカードと提携カードの違いとは?

クレジットカードには、「プロパーカード」と「提携カード」があります。この「プロパーカード」と「提携カード」の違いをご存知でしょうか?自分の持っているクレジットカードが、「プロパーカード」なのか「提携カード」なのか、細かく気にしたことがある方は少ないかもしれませんが、この2種類のカードのそれぞれ特徴を理解することで、より自分のライフスタイルに合ったカードを選ぶことができます。

今回は、「プロパーカード」と「提携カード」の違いと、それぞれのメリット・デメリットを詳しく説明します。

クレジットカードの種類と特徴

ここでは、「プロパーカード」と「提携カード」の種類や特徴について、詳しく説明します。

プロパーカード

「プロパーカード」とは、国際ブランドが直接発行するクレジットカードのことです。「VISA」「JCB」「MasterCard」「American Express」「Diners Club」「銀聯」などが国際ブランドと呼ばれており、この国際ブランドがカード発行会社と提携せずに発行します。「プロパーカード」を発行しているのは、「American Express」「Diners Club」「JCB」の3社で、「VISA」と「MasterCard」「銀聯」は、プロパーカードを発行していません。

「プロパーカード」の特徴は、年会費が有料なものが多いですが、そのかわりに高いステータス性や補償金額の多い国内外の旅行保険、ショッピング補償、空港ラウンジ無料利用など、補償内容が充実していることです。

提携カード

「提携カード」とは、クレジット発行会社と国際ブランドに加えて、ショッピングセンターや航空会社、鉄道会社などの企業が提携して発行するクレジットカードのことです。例えば、「楽天カード」や「イオンカード」「JALカード」「ビューカード」などが提携カードと呼ばれるもので、「アメリカン・エキスプレスカード」「ダイナースクラブカード」「JCBオリジナルシリーズのカード」以外は提携カードと考えて差し支えありません。

「提携カード」は、「提携先の企業の利用者を増やす」「提携先の企業のサービス利用回数を増やす」などの目的があるため、年会費が無料あるいは少額で、初心者でも作りやすいという特徴があります。また、ポイント還元や商品との交換、マイルが貯まるなど提携企業独自の特典が付帯しているのもプロパーカードにはない特徴です。

プロパーカードと提携カードの違い・比較

それぞれ特徴のある「プロパーカード」と「提携カード」ですが、その違いや比較、メリットとデメリットについても説明します。

メリット

「プロパーカード」のメリットは、国際ブランドが発行するクレジットカードなので、ステータス性が高く、手厚い保険の補償、空港ラウンジなどの無料利用などのサービスの豪華さに加え、クレジットカードのサービスが停止になる可能性も少ないことがメリットです。

「提携カード」のメリットは、カードを発行する企業のサービスや特典を利用することができる点です。先述したように、提携先の企業の利用者を増やしたり、サービス利用回数を増やすという目的があるため、年会費無料のものが多く、審査基準が低く、手軽に発行できるのも「提携カード」のメリットです。

デメリット

「プロパーカード」のデメリットの1つ目は、年会費がかかるという点です。手厚い保険の補償や優待があるかわりに年会費がかかります。2つ目は、ポイントの還元率が低いという点です。提携カードは、ポイント還元率が1.2倍〜2倍の高還元率のものがあるのに対し、プロパーカードの還元率は0.5%のものがほとんどです。3つ目は、審査が厳しいという点です。プロパーカードの高いステータス性を保持するため、提携カードよりも審査基準が高い傾向にあります。

一方、「提携カード」のデメリットの1つ目は、国際ブランドの選択肢が限られる場合がある点です。国際ブランドによっては、特定の店舗で決済できなかったり、特定の電子マネーにチャージができなかったりという違いが出てくるので注意が必要です。2つ目は、保険が付帯していない場合がある点です。プロパーカードでは、ショッピング保険や国内外の旅行保険などが付帯していることが普通ですが、提携カードでは、この保険が大幅にカットされている場合があります。また、気にする方は少ないと思いますが、ステータスが低いという点もデメリットと言えるでしょう。

まとめ

「提携カード」と「プロパーカード」はどちらも特典内容が大きく異なるため、それぞれ1枚ずつ持っておくと良いでしょう。

両方のカードを持っていれば、海外旅行に行くときには旅行保険やショッピング保険が手厚い「プロパーカード」が役に立ちますし、普段の買い物にはポイント還元率の高い「提携カード」を利用することで割引や特典を貰えるサービスによって生活費の節約に繋がります。また、海外ではステータスの高いクレジットカードを持っていることで、身分証代わりにもなるということも覚えておくと良いでしょう。

このように、自分のライフスタイルに合ったカードを使い分けることがおすすめです。





 

サブコンテンツ

このページの先頭へ